メラックスeyeで目のぼやけやかすみが解消?効果のメカニズムとは?

メラックスeyeで目のぼやけやかすみが解消?効果のメカニズムとは?

 

機能性表示食品であるメラックスeye(アイ)は目のトラブルを改善してくれるサプリメントです。

 

太陽の光やテレビ、パソコン、携帯電話のブルーライトなど日常生活では今やあたりまえになっていますが、それらから受ける光が目には刺激になります。

 

目がかすんだりボヤけたりするのは加齢だから仕方ないと諦めていませんか?

 

毎日使う目の事を大切に考えましょう。トラブルが大きくなってからでは改善がなかなか難しいものです。

 

手術する事になり、初めて目の状態を知る方も少なくありません。一生付き合っていく体ですから、そうなる前に対策をしましょう。

 

■メラックスeye(アイ)の効果とは?■

メラックスeyeで目のぼやけやかすみが解消?効果のメカニズムとは?

 

 

 

メラックスeye(アイ)は目のぼやけやかすみを解消します。「よく見える」という事は視力以外にも大切な要素があります。

 

その中にコントラスト感度というものがあり、色の濃淡を認識する力です。物がぼやけるのは光の乱反射によってコントラスト感度が低下してしまいます。

 

メラックスeyeにはルテインという栄養素が含まれており、そのルテインの働きによって乱反射したブルーライトを吸収し、ぼやけて見えるのを改善します。

 

現在は1人1台携帯電話を持っている時代です。携帯電話を眺める時間がすくなかったとしても、テレビやパソコンなど日常にブルーライトは溢れています。

 

ブルーライトをカットするメガネも効果があり、人気でしたがメラックスeyeは1日1錠飲むだけで含まれているルテインがブルーライトを吸収してくれるので手軽にケアできます。

 

元々目の良い方が加齢によりトラブルを感じる事が多く、ブルーライトをカットしてくれる眼鏡も煩わしく感じるようです。

 

メガネをかけ慣れている方は感じませんが、かけ慣れていない方は耳が痛くなったり目の付け根に違和感を感じたりと慣れるのに苦労しているようです。

 

手軽にルテインを摂取する事により目のトラブルを軽減させ、ストレスから解放されましょう。

 

■メラックスeyeの成分は?■

メラックスeyeで目のぼやけやかすみが解消?効果のメカニズムとは?

 

 

 

メラックスeyeは1日1錠の服用ですが、その1粒にはルテインが25mg含有されています。

 

目に効くサプリメントとしてよく見かけるのはブルーベリーのサプリメントですが、ルテイン含有量を調べてみたところ、わずかに含まれている程度でした。

 

ルテインとは、天然色素の一種でほうれん草やケールなどの色の濃い緑黄色野菜に含まれる成分です。もともと体内に存在しており、目の重要な役割を担っています。

 

目の黄斑部に多く含まれていますが、体内で作る事はできず、光の刺激や加齢など様々な要因で体内のルテイン量は減っていくと言われています。

 

体内で生成できないので食品から補っていかなければなりませんが、緑黄色野菜を積極的に摂取しても必要量を食べるのは難しいでしょう。

 

ルテインは目の酷使や眼病などから目を守り、疲れ目を改善する効果があります。その効果は目に特化しており、マルチビタミンなどのサプリメントには含有されていない事が多いです。

 

何となく健康維持のために飲むと言うより、明らかな目の疲れから選ばれるサプリメントなので、ルテインの含有量は多い方が良いでしょう。

 

年齢と共に減少していくルテインは目の健康維持には欠かせない栄養素なので日々の食生活にも気を付けながら、不足分をサプリメントで補うようにすると効果的です。

 

■メラックスeyeに含まれているルテインとは?■

メラックスeyeで目のぼやけやかすみが解消?効果のメカニズムとは?

 

 

 

目に良い成分のルテインですが、ルテインの効果や効能について詳しくご説明します。

 

ルテインとは眼球の水晶体と黄斑部という場所に多く存在しており、抗酸化作用と有害な光を遮る作用があり、それらが目に良い効果を与えます。

 

水晶体の老化によって起こる老眼を、ルテインの抗酸化作用によって進行を遅らせる事が可能です。

 

スマートフォンやパソコン、テレビなどから発せられる青い光は目にとって有害なものですが、ルテインはその光を吸収してくれます。

 

そのようにして私たちの目を守ってくれるルテインですが、不足すると白内障や加齢黄斑変性症という眼病にかかるリスクが高くなると言われています。

 

白内障とは水晶体が白く濁って視力が低下する病気です。ひどくなると手術が必要になります。

 

加齢黄斑変性症とは文字を読んだり、人の顔を認識する能力が老化などにより衰え、視力が低下する症状です。

 

平たく言えば、ただの「老化」ですが、それを遅らせたり防いだりする事が出来るのです。

 

ルテインの1日の摂取目安量は一般の人で6〜10mg、目に何らかの疾患がある方なら20mg程度と言われています。

 

緑黄色野菜などに含まれていますが、体内に吸収されるまでにある程度減少してしまうので、この目安量の2倍程度摂取する事が推奨されています。

 

日頃から野菜不足の方はやはりサプリメントを活用して意識的に摂取した方が良いでしょう。

 

■メラックスeyeはどこで買えるの?■

メラックスeyeで目のぼやけやかすみが解消?効果のメカニズムとは?

 

 

ネットショップの大手であるAmazon、楽天市場、yahooショッピングでは現在取り扱いはありませんでした。

 

ドラッグストアやディスカウントショップで購入できると言う情報も入手できなかったので、メラックスeyeを販売している会社である「やわた」のホームページからの購入になります。

 

1日1錠、約1か月分の30粒入りで2,160円(税込)で販売されています。3,672円(税込)以上の購入で送料無料になりますが、その金額未満ですと全国一律で送料は216円になります。

 

やわたでは「らくらく定期便」というサービスがあり、らくらく定期便で購入すると初回から通常価格より5%割引で購入する事ができます。

 

お届け周期が最大3ヶ月まで指定できるので、2ヶ月以上分をまとめて購入すると送料無料になります。

 

このらくらく定期便には解約のペナルティーやしばりなどはなく、「お届け明細書」に記載されている「変更可能日」までに連絡をすると対応してくれます。

 

解約はもちろん、お届けの一時休止や運送便などの変更時には連絡をすれば自由に変更できます。

 

毎日続けるサプリメントですから、少しでもお得に購入できるのは嬉しいですね。

 

やわたでの注文はFAXでの方法もあります。ホームページからFAX専用注文書をダウンロードできるので、必要な方はそちらからでも24時間受け付けていますので利用しましょう。

 

■メラックスeyeで気になる副作用は?■

メラックスeyeで目のぼやけやかすみが解消?効果のメカニズムとは?

 

 

実際に口に入れるものですから、副作用はないのか気になるところです。
体で生成できない成分が入っているから安全性など気になりますよね?

 

メラックスeyeではルテインの含有量が25mgとしっかり配合されているので、ルテインによる副作用を重点的に調べてみました。

 

結果からすると、副作用はありません。

 

ルテインの摂取量は1日2mg/kgまでの摂取は問題ないとされています。
例えば体重が50kgの方なら1日の摂取上限が100mgになります。

 

明確な目標量はないものの、だいたい1日6mg〜10mg程度が目安というガイドラインのようですが、目の疾患がある方はもう少し摂取した方が効果があります。

 

何の成分にせよ、大量摂取は内臓に負担がかかるので自己判断で一度に大量に飲まないようにしてください。欠かさず毎日摂取する事が大切です。

 

サプリメントは薬とは違い、病気を治すものではありません。病気を防ぐよう、体を整えたり症状を悪化させないサポートをするものです。

 

処方される薬のような効力はないですが、だからこそ副作用もほとんど無いと言われています。

 

健康のためには質の良い睡眠、バランスの良い食事、適度な運動が大切です。しかし分かっていても継続する事はなかなか難しいものです。

 

1日の野菜の目標摂取量などを見ると、やはり難しい日も出てくるでしょう。
しかし体を維持するためには必要な栄養素です。

 

そんな時にサプリメントを上手に活用し、健康な体、健康な目を維持していきましょう。