ブルーライトによる体調不良にはどんなものがあるの?和らげる方法は?

ブルーライトという言葉を耳にすることが多くなりました。

 

ブルーライトカットグラスなどを見かけることもあるように、ブルーライトは身体に悪影響を及ぼすものとして知られています。

 

ブルーライトはどのように身体に悪影響があるのでしょうか。

 

 

◆ブルーライトとは?

 

私たちが物を見るためには光が不可欠ですよね。

 

ブルーライトは、日常の中にあふれている光の中の、波長が短いものの一種です。

 

ブルーライトは光の中でも紫外線レベルにエネルギーが強いため、網膜まで到達してしまうという特徴があります。

 

網膜まで到達し、目の奥で光が散乱しやすいために、ブルーライトを長時間見続けていると目がかすんだりショボショボしたり、疲れ目になったりします。

 

さらにその影響は目だけではなく、頭痛や腰痛の原因となったり、体内のリズムが乱れる原因となったりもしてしまうんです。

 

 

◆ブルーライトが及ぼす害は?

 

ブルーライトの害として一番に挙げられるのは、前述のとおり目の調子が悪くなることです。

 

網膜に届く強い光で網膜への直接ダメージがあること、疲れ目やドライアイ、目の痛みや異物感など様々な症状を引き起こします。

 

そして、ブルーライトのもつ大きな影響として、体内のリズムが乱れてしまうということがあります。

 

現代では、寝る直前までパソコンを操作していたり、布団の中でもスマートフォンを操作していたりということは珍しいことではありません。

 

ですが、ブルーライトには脳を覚醒させてしまう作用があるため、寝る直前や布団の中なのに脳を覚醒させてしまうのと同じ行為をしていることになります。

 

そのため、睡眠の質が悪くなったり寝つきが悪くなったりしてしまい、あまりよく眠れずに日中ボーっとしてしまうということが引き起こされます。

 

これが悪循環となり、生活のリズムが狂ってしまうことにより自律神経が乱れたり、精神状態に悪影響を及ぼしたりします。

 

 

◆ブルーライト対策にはどのようなものがある?

 

ブルーライト対策でもっとも手っ取り早いのはブルーライトをカットするメガネを使用することです。

 

ブルーライトはパソコンやスマートフォンといった周辺の機器や、テレビ、街灯のモニターなどさまざまなものから発せられています。

 

それらすべてをひとつでカットできるのがメガネの長所です。

 

自宅の機器であれば、ブルーライトカット用のフィルムを貼る、ブルーライトカットの設定をするなども対策として挙げられます。

 

主にスマートフォンには、夜間ブルーライトカット機能があるものもあります。

 

また、ブルーライトを防いでくれる栄養素としてルテインというものがあります。

 

ルテインは緑黄色野菜に含まれていますので、意識して摂取してみてくださいね。

 

 

ブルーライトについてご紹介しました。

 

うまく対策をして、ブルーライトの悪影響を減らしてみてくださいね。